【2018年版】ビットコインって一体なんなのさ!今さら聞けないビットコインの基礎知識

ビットコインとは

今話題の「ビットコイン」ですが、ほとんどの人がその名前だけは聞いたことがあるでしょう。

そして、「ビットコイン」で買って儲けたとか損をしたとか、そういった話をよく聞きますが、ビットコインっていったい何なのか?

そしてどんな仕組みでどうやって誕生したのか、ビットコインの危険性とはといった疑問に答えていこうと思います。

それにはまず、仮想通貨について知っておく必要があります。

仮想通貨とは何か?

ビットコインやアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)などのコインの事を「仮想通貨」「暗号通貨」といって、円やドルといった現金ではないバーチャルな通貨ですが、現金と同じように他の物と交換できたり、現金と売買できたりします。

ビットコインは、2000種類以上あると言われる「仮想通貨」のひとつですが、最初に開発されたコインなので、その他のコインとは区別されることも多いようです。

仮想通貨はビットコイン、アルトコインと大きく2つに分けられますが、仮想通貨=ビットコインといわれています。

そうした仮想通貨は、インターネットが世界的に普及したことで開発された革命的な通貨だといえます。

ビットコインは日本円や米ドルといった法廷通貨ではなく、まさに国境を越えてどんな人とも売買が可能な「全世界共通通貨」となのです。

しかも改ざんできない技術(ブロックチェーン)を使っているといった特徴があります。

そのブロックチェーン技術はP2Pネットワークという技術を応用しています。

P2Pネットワークとは

一般的なインターネットでのイメージは「サーバー」と通信することによってネット上のページを閲覧できます。

それに対してP2Pネットワーク(peer to peerネットワーク)と呼ばれるネットワークの仕組みは「サーバー」と呼ばれるものがなく「分散型」と呼ばれています。

このP2Pネットワークの仕組みは個々のデバイスが相互に接続し、全体が繋がれることでP2Pネットワークではすべてのデバイスが独立しているために1つが攻撃を受けても他のデバイスがダウンすることはありません。

ファイルを共有しておけば、他のデバイスバックアップがある事になるため、攻撃によってファイルを失ってもまた復元できるといったメリットがあります。

P2Pネットワークで有名なソフトに「Winny」や「Cabos」といったものがありますが、サーバーを通さないために様々なファイルを得ることが出来る反面、ウイルスに犯される危険もあります。

ブロックチェーンはそのP2Pネットワークを利用して、個々の記録を保持する事で成立します。

ブロックチェーンネットワークに参加する全員が、1つのブロックチェーンを作成します。

ビットコインとアルトコインの違いとは

アルトコインはalternative coinの略称で、直訳すれば「代替通貨」で、要するにビットコインの代替通貨という意味になります。

アルトコインはビットコインの欠点を改善するために開発されたり、決済手段以外の目的で開発されたものなど、さまざまなコインがあります。

あので仮想通貨の中でアルトコインといえば、ビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。

仮想通貨に近いもの

仮想通貨に似ている通貨でイメージしやすいのが、オンラインゲームでしょう。

円やドルでゲーム用の通貨を購入すれば、そのゲーム内のお店でアイテムを買うことが出来るといったシステムに似ています。

他にも、特定Webのサイトでのみ使える仮想の通貨(ポイント)が存在しますが、100ポイントなら100円で100ポイント購入して、そのポイント分のサービスを受けることができます。

例えばビットコインを手に入れれば、ビットコインが使えるところで物やサービスを購入することができますからそういった意味では似ている存在といえるでしょう。

電子マネーとはどう違うのか

その他にビットコインと似たものに、電子マネーがあります。

電子マネーは国内の場合、円での支払いをよりスムーズにするために、紙幣や硬貨の代わりとして電子マネーが使われています。

そのために電子マネーの端末に入金したり、電子マネーでの支払いの際に利用する銀行口座にお金を入れておく必要があります。

また、現在使われている電子マネーは基本的にその地域で使われている通貨を基準として電子的に決済を行いますから、どの国でも取引ができるビットコインとは違います。

ビットコインは何かの端末にチャージすることはできませんから、ビットコインを利用して何かを購入する場合は、手持ちの通貨をビットコインに両替しなくてはなりません。

ビットコインは仮想ではありますが、通貨ですから電子マネーのような存在とは違います。

ビットコインの誕生

仮想通貨の親といっていいビットコインは、2008年に「ナカモトサトシ」という正体不明の人物がブロックチェーン技術を用いて開発したコインで、その論文をインターネット上に発表したのが始まりです。

「ナカモトサトシ」という人物はある程度までは特定されているようですが、名前が本名なのか偽名なのか、架空の人物なのか実存するのか事実上、未だ不明ということです。

その「ナカモトサトシ」によるビットコインの技術(ブロックチェーン技術)を世界中のプログラマーやハッカー達が興味をもって次々と書き換えていったのが、今のブロックチェーン技術です。

世界中からのプログラム技術によって出来上がったものは、当初のプログラムから90%も変更されていると言います。

ビットコイン普及のきっかけは?

このブロックチェーン技術を普及させたのは、皮肉にも「シルクロード」という犯罪組織で、この組織が決算にこのブロックチェーン技術を使って大口取引したのが最初です。

現金を持たずに、しかも少ない手数料で麻薬や武器の取引ができるのですから、証拠がつかめず、政府や銀行も一切関与しない世界での取引は、彼らにとっては好都合なシステムだったのです。

結果的には、摘発されてアメリカのネットワークに報道されましたが、瞬時に送金できてしかも手数料がかからないという、多くの人々がそれまでになかった利便性に気が付いてしまいました。

その背景にはアメリカ国内での不便な送金事情があり、国内の送金でさえ何日もかかる上に、手数料がかなり高額という事実があります。

そうやって「シルクロードの摘発」によって、それまで8セントだった1BTCが31ドルにまで上昇してその後、全世界へと認知度が高まっていく中で、他の関連企業からもブロックチェーン技術が見直されていくことになりました。

ビットコインは誰が管理・保管しているのか

ビットコインは国家や企業などの特定の組織が管理しているわけではありません。

ビットコインでは中央で管理を行わない代わりに、ネットワークを利用して通貨を管理する仕組みです。

ビットコインは、特定の組織の管理ではなく、分散されたコンピューターのネットワーク上に大きな1つの取引台帳を置いていることになります。

そのことによって、中央管理を不要にしたシステムになっています。

ビットコインの安全性

ビットコインの安全性について、ある程度の信頼性がおけるものという認識があるものの、一部その安全性が問題視されています。というのが、取引所が管理するビットコインがハッカーに盗まれたというケースも少なくないからです。

ビットコインは確かに匿名性が高いシステムでもありますが、それはある意味犯罪行為に利用される可能性が高くなる恐れも潜んでいます。

そもそも仮想通貨の取引に国境がないため、規制がかけにくいといった面があります。

また、セキュリティが弱い取引所かどうかの見極めも難しく、法整備上の問題もあって被害があったとしても国が捜査や補償すること、それから罰則等を適用するのは不可能ですから、その点は認識しておいた方がよさそうです。

ビットコインのメリット

送金手数料が安い

クレジットカードなどによる取引では、取引先やあなたが必ず手数料を払っていますが、ビットコインでは、手数料がかなり安く無料であったりします。

送金スピードが速い

例えば、別の銀行からあなたの利用する銀行へ小切手を送る場合、数日かかってしまいますが、ビットコインのブロックチェーン技術によって確認する場合、10分ほどで送金できてしまいます。

支払い時の情報が漏れることが無い

オンラインショップの入力フォームでは、クレジットカードの秘密情報等を入力して発信する必要がありますから、カード番号を盗まれるといった可能性がつきまといます。ビットコインによる取引では、秘密情報を送信することはありません。

公開鍵と秘密鍵の2つが必要ですが、そのうちの秘密鍵はあなたが漏らさない限りは安全性が保たれます。

インフレは起こらない

インフレになるとコントロールするのが難しくなりますが、ビットコインでは最大数が設定され、2100万BTCまでという上限がありますから、ビットコインが増えすぎてインフレになることはありません。

ビットコインのデメリット

ビットコインが使える環境が必要

ビットコインはスマホやPCなどのインターネット環境がないと決済できませんし、ビットコインで支払いできる店でないとその価値がありません。

投機的側面がある

これは見方によってはメリットであるともいえますが、暴騰と暴落を繰り返していますから、それだけリスクが大きくなります。

ビットコインには元本保証はありませんから、 持っていたビットコインの値段が暴落して半値以下になってしまう可能性もあります。

国はその価値を担保しない

ビットコインには、クレジットカードのような損害補償は何もなく全て自己責任です。ビットコインが盗まれた場合、自分が持っている仮想通貨に何かあっても国は補償をしてくれません。

ビットコインが盗まれる可能性もある

ビットコインのシステムそのものは、信頼できるものですが、ビットコインの取引所のコンピューターがハッキングされて被害に遭うといったケースも多くあります。

身内への相続が出来ない可能性がある

万が一突然の事故や病気などで亡くなってしまった場合、秘密鍵の存在が分からない限り相続できないことも起こります。

ビットコインが抱えている問題とは

発行枚数に到達したらどうなる?

ビットコインは発行量に上限がありますが、それはビットコインが設計された当初から決まっていて2100万BTCとしています。

その発行量が上限に達するであろう時期が2140年と言われていますが、発行量が決まっているということは、それだけ希少価値が上がってくると予想できます。

次の半減期が2021年のオリンピックの次の年ですから、その頃は今よりもっとビットコインで買える店も増えているでしょう。

2033年には99%のビットコインが発行されているため、今後はますます希少価値が上がって高くなると予想されます。

ビットコインの送金手数料はなぜ高くなっているのか

2017年に入ってから、ビットコインの送金手数料が高くなっていますが、どうしてでしょうか?

送金手数料は取引所が指定することも多くなっていますが、もともとユーザー側がきめるものです。

ビットコインの送金能力を超える送金要請が集まってしまったことで、その送金速度は遅くなってしまいました(その理由は次の項目で書いています)

その速度を上げるため、送金手数料をユーザー側で支払う必要があったからです。

送受金時間が遅い

なぜビットコインの送金に時間がかかってしまうのでしょうか?

それはブロックチェーンの仕組みに問題があるのですが、このブロックチェーンは10分間に1つのブロックが生成されています。

これはブロックの容量が1MBと決まっていて10分間に行われる取引が容量を超えた場合、その超えた容量分は後回しにされるのですが、その後回しにされた分送金に時間がかかってしまいます。

取引件数が多くなるほど、遅延時間が長くなってしまいます。

どうしても送金を早くしたい時は、メニューから「カスタマイズ送金」を選択して手数料を上乗せすれば、優先的に処理してもらえれるため送金時間が早くなります。

ビットコインの将来性は?

世界経済は日本円や米ドル、ユーロなどで貿易をしていますが、国と国との間には為替の問題があり、為替の変動によっては望遠に不平等が起きたりします。

その貿易の不平等を是正するために、今後ビットコインなどの仮想通貨が決済の主流になっていくことが十分予想されます。

今、多くの仮想通貨が出てきていますが、そういった仮想通貨の売買にはビットコインを購入する必要がります。

ビットコインが仮想通貨の基軸通貨になっていることをみても、ビットコインの将来性は無限大であるといえ、更にその価値は上がっていくと予想されます。



ビットコインとは



初心者はここから
コインチェック(coincheck)

使い方も直感的にわかるので登録してからすぐ使い慣れます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です